PR

 企業のためにやっていたことが裏目に出てしまうのは、悲劇ですね。安定して見える大規模な事業のごく一部を仕事としている時は、安全どころか実は危険だと思うべきでしょう。もっとも「大企業」対「ベンチャー企業」という分け方も単純すぎます。大企業でもごく少数でプロジェクトを立ち上げたような経験をした人は逞しい。

 あるいは、企業によっては有望な社員には若い時に海外や地方の支店や子会社にあえて「飛ばす」ところもあります。支店、支社では社員数も少ないので1人で何でもしなければいけない。さらに小さな部門といえども責任者になれば労務管理から収益の責任まで、多くの責任を担わなければいけない。「自分の専門ではありません」とか「経験が無いのでわかりません」などの言い訳は通じません。こうして若い時に場末とも言える環境で鍛え上げて、本社に呼び戻す。こういう企業で鍛えられた人は大企業でも逞しいですね。

 逆に多様な経験を積みたいと考えてベンチャー企業に入っても、入社したら社内は火の車。育成どころか目先の単純な仕事ばかりで使い倒されてしまうケースもあるでしょう。結局のところ、安全なキャリアパスというのは、自分で一つ一つ、経験を積み上げていくことからしか得られない。