PR

個別受注企業はマツダに学べ

 設計高度化のためには、設計ナレッジを標準化して守らせるだけではなく、どんどん改善していくことが重要である。それでは、標準のどこに着目して変えていけばいいのだろうか。そのヒントになるのが、マツダの「一括企画/コモンアーキテクチャー」である。

 マツダは、2012年に発売した「CX-5」で「日本カー・オブ・ザ・イヤー」を受賞したのを皮切りに、「アテンザ」で「エモーショナル部門賞」、「デミオ」で再び日本カー・オブ・ザ・イヤーを受賞してきた。海外の自動車賞でも高く評価されている。経営面でも、CX-5の発売以降は業績が大きく伸びている。その根底には、車格やパワートレイン方式が異なる複数の車種をまとめて企画する「一括企画」と、一括企画した車種に広く適用する「コモンアーキテクチャー」がある。

マツダの業績推移
「CX-5」投入後は業績が伸びている(同社の決算資料を基に筆者作成)
[画像のクリックで拡大表示]

 昨今、自動車業界では同様の取り組みが目立っている。ドイツVolkswagen社の「MQB」、日産自動車の「日産CMF」、トヨタ自動車の「Toyota New Global Architecture(TNGA)」などである。マツダの「一括企画/コモンアーキテクチャー」も、一見するとこれらと同様に思える。しかし、実際には似て非なる部分が多い。そして、製造業の大多数を占める個別受注企業にとっては、マツダの取り組みに学ぶべきところが多いはずだ。

 マツダの一括企画/コモンアーキテクチャーに関して筆者が注目しているのは、「設計思想を共通化する」「共通の設計思想に基づいた“相似設計の部品”を展開する」「部品の共通化はあまり重視しない」という3つの考え方だ。