PR
 本コラムでは5Gに向けた標準化動向をウオッチしていく予定です。第1回目となる今回は、標準化の総本山である3GPPについて述べたいと思います。

 移動通信業界では今、5G(5th Generation、第5世代移動通信システムの略称)への注目が集まっています。第4世代システム(4G)の商用化の大成功が、次世代システム構想への大きな関心を呼び、世界各地の研究者・技術者を巻き込んだ議論へと発展しているのです。これを受けて、3GPP(3rd Generation Partnership Project)という国際標準化プロジェクトでは5G標準化の議論が始まり、今後の進展が注目されています。

3GPPは、移動通信システムの国際標準化を推進する組織

 3GPPとは、かつて各国ごとや地域ごとに行っていた移動通信システムの標準化を、共通の国際標準を策定すべく、各地域の標準化団体が集まって1998年に設立されたプロジェクトです。 3GPPにより、移動通信システムの国際標準が策定され、さらに世界各国でその標準に沿ったネットワークの商用化が進みました。そのおかげで、今では通話だけでなく、パケット通信についても携帯電話の接続方式に互換性があり、例えば日本で使っている携帯電話機を海外旅行などで渡航先に持っていっても国際ローミングという形でそのまま使えるという時代になっています。最近ではSIMフリー端末なども市場にでまわっており、1つの端末でも複数の事業者のSIMを交換する事により、別のネットワークに接続して使用することも可能になりました。

 国際標準化により、移動通信向け機器のマーケットのグローバル化が進みました。事業者の観点からは、世界市場で販売される携帯電話機や基地局設備、ネットワーク設備を調達できるというメリットが、また製造業者は世界中の事業者にこれらの機器を販売できるというメリットが生じました。ただし、それゆえ事業者同士、製造業者同士の競争が激しくなったのも周知の事実です。

 第3世代システムの成功により、3GPPはその後の第4世代の標準化の場にもなりました。名称には「3G」が残ったままですが、今ではとくに期限のない標準化プロジェクトとなっています。