PR

 メールの指示に従ってアクセスしたサイトには、申し込みの一連の手続きが書いてある。文字を読む職業だが、これだけギッシリ並んでいると辛い。本人確認の書類が必要とあり、個人契約と法人契約で内容が違う。書類と現住所が違う場合や、外国籍の人向けの説明、書類をコピーするときの画質や倍率まで、事細かに規定がある。

本申し込みの手続きの流れ
[画像のクリックで拡大表示]

 なかなか大ごとだ。自動車や家を買うときが思い浮かぶ。ほかにも契約内容の確認や重要事項の説明などリンクがいくつもあって、念のためにとクリックすると、書類の山に迷いこんで、自分がどこにいるのか分からなくなりそうだ。

 一つ一つ目を通すのは諦め、「本申込手続きへ」ボタンを押す。購入方法は、本体から保険パックまで全て一括払いを選んだ。自宅の住所やカード番号を記入して「上記内容にて契約を進める」ボタンを押す。

一括払いで申し込む
[画像のクリックで拡大表示]

 ……エラーが出てしまった。はたと気づいたのはカードの限度額。これほど高額の買い物をこなせる設定になっていないのだ。カード会社に電話をかけるが、既に業務を終えた後。この先は翌日にお預けである。

 日が替わってカード会社に限度額の引き上げを依頼する。理由を問われて「Pepperって知ってます?あれを買うんですよ」と返すのがちょっと誇らしい。準備万端で再びパソコンに向かう。今度はすんなり通った。

 程なく「お申し込み受付のご連絡」メールが来た。数日後、「お申込み確認書」とともに自宅に届いた返信用封筒に、運転免許証のコピーを収めて返送する。さらに数日。飛び込んできたのが冒頭のメールだ。

 結局、携帯電話が鳴ったのは三日後だった。「ヤマト運輸ですが、ソフトバンクさんからのお届け物が…」。ついに来た。さていつだ?

 搬入の段取りをつけようと問い掛けると、思いがけない言葉が返ってきた。「これからでも届けられますけど」。

―― 次回に続く ――