PR
[画像のクリックで拡大表示]

 JR九州が2015年8月8日、スイーツコース付きの観光列車「JRKYUSHU SWEET TRAIN『或る列車』」の営業運転を開始しました。或る列車の車両は、豪華寝台列車「ななつ星 in 九州」に勝るとも劣らない豪華ぶりです。2両編成ですから7両のななつ星よりも総額は少ないですが、1両当たりで見るとどちらが高級か分からないくらい、お金がかかっているそうです。

 その「或る列車」のデザインを担当したデザイナー水戸岡鋭治氏の著書「鉄道デザインの心」(日経BP社)発売記念イベント(2015年7月28日)で、同氏が「或る列車」について語りました。車両側面にこれでもかと付いているエンブレムは何のためか、クラシックなデザインにするのはなぜか、などを明らかにしました。

 YouTubeで、その様子を収録した動画をご覧いただけます。