PR

 ドローンは長らく「無人飛行機」として知られ、軍用というニュアンスが強かった。しかし2015年春以降、首相官邸に落ちたり、お祭り会場に落ちたりしたことが話題になり、日本でも「ドローン」の呼称が定着した。

 ちなみに、初めて「ドローン」という呼称を採用したのはフランスのParrotという会社だが、米メディアの調査によると米国で使われている商用ドローンの48%は中国DJI technology社製だという(2015年6月9日付のsUAS News電子版)。首相官邸に落ちたドローンもDJI社で最も売れているPhantomシリーズ。今回はその最新版である「DJI Phantom 3 Professional」の中身を解説する。

DJI Phantom 3 Professionalの外観
DJI Phantom 3 Professionalの外観
今回分解したものは4Kカメラをお腹に抱えたタイプ。様々なグレードが用意されている。これで自重は約1.3キログラム
[画像のクリックで拡大表示]
DJI Phantom 3 Professionalに記載された情報
DJI Phantom 3 Professionalに記載された情報

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

日経クロステック登録会員になると…

新着が分かるメールマガジンが届く
キーワード登録、連載フォローが便利

さらに、有料会員に申し込むとすべての記事が読み放題に!
日経電子版セット今なら2カ月無料