PR

 日本の製造業が強みを発揮していく上で、技術力を高め続けることは必須の要件です。かつて世界において日本の製造業の技術力は突出していましたが、その差は急激に縮まり、相対的な地位が低下しつつあります。

 なぜ日本製造業の技術力は相対的に低下してしまったのでしょうか?インターネットによる情報革命やアジアの急速な進展によって、すぐに技術が陳腐化してしまうという外部要因がまずあげられるでしょう。しかしそれだけが原因でしょうか?

 グローバルで競争が激化する中で効率化を求めた結果、短期的に結果が出しやすい領域や、従来と近い領域ばかりに注力してしまい、未来に向けた研究開発ができなくなっています。こういった内部要因こそが、技術力低下を招いている真因だと筆者は考えます。 そしてこの状況を打開するためには、これまでのやり方とは違う新しい考え方が必要です。

 今回は同様の課題を持った半導体機器メーカーC社におけるコンサルティング事例をご紹介いたします。