PR

 マツダの初代「プレマシー」は、私の心の中で、いまだに魅力を失わないクルマであり続けている。そういえば「デミオ」も、初代からその存在を常に意識させるクルマだった。マツダは、こうしたファミリー向けのクルマを開発するとき、開発担当者が不特定多数のマーケティング用語で固められた無色な虚像ユーザーに向けて作りこむのではなく「自分の子供と一緒に出かけたい——」「自分の娘や孫のために、便利ないいクルマを作りたい——」そうした身近な欲求を満たそうとしている。だから価値が長く保たれるのだと思う。

 2代目となる新型プレマシーも、そういう開発のスタートだった。カタログデータを飾るための性能や仕様は省かれているが、買って損のない、いい買い物をしたという実感を与えてくれるクルマへ進化を遂げている。

 ベースとなったのは、フォードやボルボと共同開発したプラットフォームを持つ「アクセラ」である。従って、走らせてみると骨格のしっかりした車体に身体を守られている感覚があるし、高速での操縦安定性にも優れている。試乗の日は、生憎の強風が吹き荒れ、海岸沿いの道路はスピードを上げて走るのをためらわせる状況だったが、それでも新型プレマシーはアクセルを踏み込んでスピードに乗せることに不安を覚えなかった。

 また、ワインディングロードに入ってからは、コーナーへステアリングを切り込むタイミングも、ドライバーのイメージどおりに挙動が定まり、安心してカーブへ飛び込んでゆけた。以前も書いたと思うが、気持ちのいいコーナリングとは、その進入の如何で全てが決まる。ブレーキングで的確にスピードを殺し、そこからフロントタイヤのグリップを確かめながらステアリングを切り込んでいったときに、クルマの向きと、車体のロールが、ドライバーの目線の先へピタリと決まれば、後は、アクセルをじわりと踏み込んでいくだけとなる。
 
 ここが決まらないと、カーブに入ってからアクセルのオンオフをしたり、ステアリングを左右に修正したりしなければならなくなる。この時点で、そのコーナリングは失敗なのだ。新型プレマシーは、ミニバンという形態のクルマであるにもかかわらず、高速からワインディングのコーナリングまで、終始自然な運転感覚を失わない。土台の十分に作りこまれたクルマであることがわかる。