PR
4/1朝まで
どなたでも有料記事が読み放題「無料開放デー」開催中!
図1◎新型「308CC」
図1◎新型「308CC」 (画像のクリックで拡大)

 フランスPeugeot社は、パリモーターショー2008(Paris Mondial de l'Automobile 2008、一般公開日:2008年10月4~19日)に、新型「308CC」を出展すると発表した。「307CC」の後継車で、「308」の4人乗りオープンカーとなる。電動ハードトップは307CCより5秒早い20秒で開閉する。ヘッドレストに送風口を設け、ルーフ格納時に気温が低い場合の寒さを和らげるため、乗員の首筋に温風を吹き出す「Airwave」システムを搭載した。

 全幅とトレッドを307CCより拡大したことにより、後席の足元スペースを広げた。後席に乗り込む場合は、電動で前席が前にスライドする。エアバッグは、フロントのほか、前席に組み込んだ胸部・腰部を保護するサイドエアバッグ、全乗員の頭部を保護するサイド・カーテン・エアバッグを備える。荷室容量はルーフ使用時が465L、ルーフを格納した場合は266Lとなる。

 パワートレーンは、排気量1.6Lの直噴ターボガソリンエンジンと、欧州の次期排ガス規制「Euro 5」に適合した2.0Lのディーゼルエンジン「HDi FAP」を用意する。最高出力は、ガソリンエンジンが110kW(150PS)、ディーゼルエンジンが103kW(140PS)。どちらも6速手動変速機を標準で組み合わせる。ブレーキには、302×26mmのディスクブレーキを用い、横滑り防止装置「ESP」を採用する。

図2◎ルーフ格納時のリアビュー
図2◎ルーフ格納時のリアビュー (画像のクリックで拡大)
図3◎フロントビュー
図3◎フロントビュー (画像のクリックで拡大)
図4◎ルーフ使用時のリアビュー
図4◎ルーフ使用時のリアビュー (画像のクリックで拡大)
図5◎トランクリッドが自動で開いてルーフを格納する。
図5◎トランクリッドが自動で開いてルーフを格納する。 (画像のクリックで拡大)
図6◎ルーフ格納時の荷室
図6◎ルーフ格納時の荷室 (画像のクリックで拡大)
図7◎インパネ
図7◎インパネ (画像のクリックで拡大)
図8◎「Airwave」システム
図8◎「Airwave」システム (画像のクリックで拡大)
図9◎室内
図9◎室内 (画像のクリックで拡大)