PR

 マツダはパリショー2008で、小型ハッチバックのコンセプトカー「清(きよら)」を公開した。小型のボディと環境性能を高める次世代パワートレーンを採用し、CO2排出量を90g/km以下に抑えることを目標に設計した。デザインは、これまで通りの“流れ”をテーマにしており、今回は水の模様と色を意識して設計した。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

日経クロステック登録会員になると…

新着が分かるメールマガジンが届く
キーワード登録、連載フォローが便利

さらに、有料会員に申し込むとすべての記事が読み放題に!
有料会員と登録会員の違い