PR
4/1朝まで
どなたでも有料記事が読み放題「無料開放デー」開催中!
図1◎新型「Mazda3」 i-stop搭載モデル
図1◎新型「Mazda3」 i-stop搭載モデル (画像のクリックで拡大)
図2◎i-stop付き2.0L直噴エンジン
図2◎i-stop付き2.0L直噴エンジン (画像のクリックで拡大)

 マツダは、ジュネーブモーターショー2009(79th Geneva International Motor Show、一般公開日:2009年3月5~15日)に、アイドリングストップ機構「i-stop」を搭載した「Mazda3(日本名:アクセラ)」と、Mazda3の高性能仕様車「Mazda3 MPS(日本名:マツダスピードアクセラ)」を出展すると発表した。新型Mazda3の2.0L・直噴ガソリンエンジン「MZR2.0 DISI」にi-stopを組み合わせた場合、現行車と比べて燃費が12%程度向上する。

 Mazda3 MPSは、大型ルーフスポイラー、2本のテールパイプ、フロントフードの吸気口などを採用し、外観デザインを変更したほか、排気量2.3Lの直噴ターボエンジンを搭載し、シングルナノ触媒を組み合わせることで欧州排ガス規制「Euro5」に適合させた。

図3◎新型「Mazda3 MPS」
図3◎新型「Mazda3 MPS」 (画像のクリックで拡大)
図4◎フロントビュー
図4◎フロントビュー (画像のクリックで拡大)
図5◎リアビュー
図5◎リアビュー (画像のクリックで拡大)

【訂正とお詫び】記事初出時に車名に一部誤りがありました。ご迷惑をおかけいたしました読者の皆様、関係各社の皆様にお詫び申し上げます。