PR
図1 EVのコンセプト・モデル「NILS」。跳ね上げ式のドアの採用した
図1 EVのコンセプト・モデル「NILS」。跳ね上げ式のドアの採用した
[画像のクリックで拡大表示]
図2 サイドビュー
図2 サイドビュー
[画像のクリックで拡大表示]
図3 充電口はリアに配置した
図3 充電口はリアに配置した
[画像のクリックで拡大表示]

 ドイツVolkswagen社は、フランクフルトモーターショー(一般公開9月15日~25日)において、電気自動車(EV)のコンセプト・モデル「NILS」を初披露した。1人乗りで、未来の都市型EVをイメージした(図1、2)。

 乗車定員を1名とした理由は、「ドイツ連邦統計局が調査したところ、通勤者の6割が自動車を利用しており、その9割以上は1人でクルマに乗っている。NILSはこうしたニーズに応えるように開発した」(Volkswagen社の担当者)という。

 車両寸法は、全長3040mm×全幅1390mm×全高1200mm。この全幅は車体の外側に位置するタイヤまで含めたもので、人が搭乗するキャビンの幅は860mmしかない。Al合金製のフレーム構造を採用することで、車両重量を460kgと軽量化した。Volkswagen社の担当者によれば、「現代のクルマに求められる全ての安全基準を満たしている」とする。

 モータとLiイオン2次電池、トランスミッションは車両後方に配置し、後輪駆動する。モータは重量19kgと軽く、通常走行時の出力は15kW、最大出力は25kW(この時の最大トルクは13.3kgm)である。Liイオン2次電池の容量は5.3kWhで、 1充電当たり65kmのEV走行が可能という。230V電源から2時間で充電できる(図3)。