PR

 フランスの大手自動車部品メーカーであるFaurecia社はフランクフルトモーターショー(Internationale Automobil-Ausstellung:IAA2011,一般公開9月15日~25日)で、ディーゼルエンジンのNOx(窒素酸化物)を除去する新方式のSCR(選択還元触媒)「ASDS(Ammonia Storage and Delivery System)」を開発中であることを明らかにした。還元剤の補給頻度を、従来の2倍以上に延ばせるのが特徴。2014年ごろの商品化を目指している。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

日経クロステック登録会員になると…

新着が分かるメールマガジンが届く
キーワード登録、連載フォローが便利

さらに、有料会員に申し込むとすべての記事が読み放題に!
【春割実施中】日経電子版セットで2カ月無料


日経クロステックからのお薦め

日経クロステック 春割 日経電子版セット 2カ月無料