PR

 フランスRenault社は小型車「CLIO(日本名は『ルーテシア』)」を全面改良し、「パリモーターショー2012」に出展した(図1)。3気筒で排気量が0.9Lと小さなガソリンエンジン「TCe90」を搭載する(図2)。Renault社会長兼CEOのCarlos Ghosn氏は「環境性能面でハイブリッド車が競合車」とする。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

日経クロステック登録会員になると…

新着が分かるメールマガジンが届く
キーワード登録、連載フォローが便利

さらに、有料会員に申し込むとすべての記事が読み放題に!
【春割実施中】日経電子版セットで2カ月無料


日経クロステックからのお薦め

日経クロステック 春割 日経電子版セット 2カ月無料