PR

 ブリヂストンは、100%持続可能な原材料でできたコンセプトタイヤをパリモーターショー2012に出品した。「合成ゴム」や「カーボン」、「ゴム薬品」などを枯渇資源から再生可能資源に置き換える。もともと再生可能であった「天然ゴム」や「有機繊維」は新しい再生可能資源の選択肢を増やす。今後、産学連携を進めながら、研究開発体制の確立や基盤技術の開発、量産化の検討を進め、2020年を目標に実用化を判断していく。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

日経クロステック登録会員になると…

新着が分かるメールマガジンが届く
キーワード登録、連載フォローが便利

さらに、有料会員に申し込むとすべての記事が読み放題に!
【春割実施中】日経電子版セットで2カ月無料


日経クロステックからのお薦め

日経クロステック 春割 日経電子版セット 2カ月無料