PR
図1 外観
図1 外観
[画像のクリックで拡大表示]
図2 横から
図2 横から
[画像のクリックで拡大表示]
図3 後ろから
図3 後ろから
[画像のクリックで拡大表示]

 ドイツOpel社は、Aセグメントに位置する小型ハッチバック「ADAM」を開発、「パリモーターショー2012」に出展した(図1~3)。3ドアの4人乗り。2013年初頭に発売予定。

 競合車として、ドイツBMW社の「MINI」やイタリアFiat社の「500」、ドイツVolkswagen社の「up!」などを想定する。排気量が1.2Lと1.4Lのガソリンエンジンを用意。1.2Lエンジンの最大出力は51kW。1.4Lエンジンには64kWと74kWのものがある。親会社である米GM社の低燃費技術「ecoFLEX」を採用し、1.2L品と5速手動変速機(5MT)と組み合わせたモデルの欧州複合モード燃費は20km/L(5.0L/100km)、CO2排出量は118g/km。

 なお、近い将来に直噴でターボチャージャ付きガソリンエンジンと、6MTを組み合わせたモデルを追加する予定である。全長約3700×全幅1720mm、ホイールベース2311mm。米Google社の「Android」や米Apple社の「iOS」を搭載したスマートフォンなどと連携する新しいテレマティクスサービス「InteliLink」を採用する。