PR

 フランスValeo社は、モータでコンプレッサを動かして過給する電動スーパーチャージャを開発し、「パリモーターショー2012」に出展した。排気量が1.0L程度と小さなエンジンで、回転数が1000rpm程度と低い領域で出力を高めたい用途に向く。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

日経クロステック登録会員になると…

新着が分かるメールマガジンが届く
キーワード登録、連載フォローが便利

さらに、有料会員に申し込むとすべての記事が読み放題に!
有料会員と登録会員の違い