PR

 USBの最大データ伝送速度が、10Gビット/秒まで高速化されることが明らかになった。USB 3.0の標準化活動を進めるThe USB 3.0 Promoter Groupは、2013年1月6日、SuperSpeed USB(USB 3.0)の現行仕様を拡張し、最大データ伝送速度を従来の2倍に当たる10Gビット/秒まで高速化することを発表した。

 高速化しながらも、従来のコネクターやケーブルとの後方互換性は維持するという。10Gビット/秒版の拡張仕様は、2013年中ごろにもまとめる方針だ。

 データの符号化手法などを工夫することで、高速化を実現していくとする。10Gビット/秒まで高速化することで、Thunderboltなど、他の高速インタフェースと速度面で肩を並べることになる。USBの普及促進団体であるUSB-IFは、これによってUSBの採用をさらに拡大していきたい考えだ。なおUSB-IFは、2013年1月8日(米国時間)から米国ラスベガスで開幕する「2013 International CES」で、USBインタフェースの最新動向について展示するという。