PR
LG Electronics社ブースの有機ELテレビの山
LG Electronics社ブースの有機ELテレビの山
[画像のクリックで拡大表示]

 韓国LG Electronics社は有機ELテレビの発売に踏み切った。担当者によると、「1月3日に韓国で予約発売(配送は2月)を開始し、5日で30台以上が売れた」という。2012年9月のIFA開催時の試作機に対する、商品の技術的な違いを聞いたところ、担当者は次のように答えた。

 「まず問題になっていたユニフォーミティを50%から70%まで改善しました。この数値は、かつてのブラウン管と同等です。温度特性も問題でしたが、47~48℃を45℃まで少し下げることができました。絵づくりで気を付けたのは、NTSC比118%という広い色再現範囲で、色の破綻が出ないようにしたことです。色温度と輝度のトレードオフも注意しました。輝度を上げると色温度が下がる現象に対処しました。あとコントラストが非常に高いので、そのままでは黒沈みが過剰になってしまいます。従って、暗部の階調は出す方向でガンマ値を決めました」。

 筆者の私見では、まだユニフォーミティは満足するレベルではない。これからかなり頑張らないといけないだろう。