PR

 2013年1月に開催されたMEMS関連の国際学会「IEEE MEMS 2013」では、「A HANDHELD, CELL PHONE-BASED ELECTROCHEMICAL BIODETECTOR」(携帯電話機を使った生体検知器)と題する発表があった(論文番号:3B1-1)。小型の使い捨てカードに被験者の血液を取り込み、マラリアに感染しているか否かをスマートフォンなどの携帯電話機と組み合わせて、その場で検知可能にすることを目指したもの。「ビル&メリンダ・ゲイツ財団」が財政支援している研究プロジェクトの成果である。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

日経クロステック登録会員になると…

新着が分かるメールマガジンが届く
キーワード登録、連載フォローが便利

さらに、有料会員に申し込むとすべての記事が読み放題に!
【春割開始】日経電子版セットで2カ月無料


日経クロステックからのお薦め

日経クロステック 春割 日経電子版セット 2カ月無料