Apple社のパームレスト開発者,今度はケータイのキーパッドに挑戦

中国ZTE Corp.の携帯電話機の中に,ちょっと変わったキーパッドを備えた機種がある。一見すると携帯電話機で一般的なテンキーのようだが,横一列に3個並んだ数字キーの間に突起状のキーが1列につきほぼ4個ずつ並んでおり,それぞれに26個のアルファベットが割り当てられている。(記事を読む12/08

Intel社がモバイルWiMAXのベースバンドLSIを開発

米Intel Corp.は,香港で開催中の「ITU TELECOM WORLD 2006」で,モバイルWiMAX(IEEE802.16e-2005)のベースバンドLSIの設計が完了したと発表した。(記事を読む12/07

NEC,日立,富士通などがG-PONの相互接続試験をデモ

中国・香港で開催中の「ITU TELECOM WORLD 2006」に,通信機器の相互接続試験を実演する一角がある(写真1)。試験の対象は,最大2.4Gビット/秒のFTTH(fiber to the home)サービス向けの技術であるG-PON(gigabit passive optical network)に対応する機器。日本メーカーでは,NEC,日立製作所,富士通が参加している。 (記事を読む12/07

シスコがコンテンツ配信技術Video2.0を発表,その目的と特徴を聞く

米シスコシステムズは中国・香港で開催中のITU TELECOM WORLD 2006に合わせてコンテンツ配信技術Video2.0を発表した。そこで同社のマーケティング担当副社長のJeffrey Spagnola氏と,ルーティング・テクノロジ・グループ,マーケティング・ディレクタのSuraj Shetty氏に,その目的や特徴を聞いた。 (記事を読む12/07

松下電器,デジタル・テレビ用チューナICを出展

松下電器産業は,「ITU TELECOM WORLD 2006」に携帯機器向けのデジタル・テレビ受信用ICを出展している。主に欧州向けのDVB-Hと,国内およびブラジルでの採用が決まったISDB-Tの2方式について,従来製品と2007年第一四半期に量産を目指しているICをそれぞれ展示した。 (記事を読む12/07

ACCESSがLinuxにフル対応,WindowsMobileやSymbianOSとの関係をCTO鎌田氏に聞く

中国・香港で開催中のITU TELECOM WORLD 2006に出展しているACCESS。そのACCESSの出展内容や中国市場などについて,同社取締役副社長兼CTOの鎌田富久氏(写真1)に聞いた。 (記事を読む12/07

富士通のパソコンはHSDPAチップセットを内蔵

「ITU TELECOM WORLD 2006」の米QUALCOMM Inc.のブースでは,HSDPA対応のチップセット「MSM6280」を内蔵した富士通製のパソコンが出展されている。QUALCOMM社の説明員によると,欧州,シンガポール,香港,インドネシア向けに販売している機種という。 (記事を読む12/07

“中国産”の3G携帯,TD-SCDMA産業連盟がアピール

香港で開催中の「ITU TELECOM WORLD 2006」会場では,“中国産”の第3世代携帯電話(3G)技術「TD-SCDMA」を推進する「TD-SCDMA産業連盟」がブースを構え,同技術をアピールしている。TD-SCDMAはW-CDMAやCDMA2000の競合となる技術で,大唐電信などの中国企業が中心となって開発したもの。 (記事を読む12/07

NTTドコモなど参加のアジア事業者アライアンス,名称は「CONEXUS」に

NTTドコモなどアジアの携帯電話事業者が2006年に設立を表明していた企業グループ「アジア・パシフィック・モバイル・アライアンス」は,ITU TELECOM WORLD 2006で記者会見を開催,名称を「コネクサスモバイルアライアンス(CONEXUS Mobile Alliance)」にすると発表した。(記事を読む12/06

クアルコム,高速無線「FLASH-OFDM」をオンライン・ゲームでアピール

中国・香港で開催中の「ITU TELECOM WORLD 2006」で,米クアルコムが米マイクロソフトのゲーム機「Xbox360」をブースに設置している。これは,クアルコムの無線ブロードバンド技術「FLASH-OFDM」をアピールするための仕掛けである。 (記事を読む12/06

Samsung社も骨伝導ヘッドセット,Bluetoothに対応するハンズフリー型

韓国Samsung Electronics Co., Ltd.は,ITU TELECOM WORLD 2006開催に合わせて,骨伝導を利用するヘッドセット「WEP400」を発表した。空気の振動の代わりにあごの骨の振動を鼓膜に送ることで音を伝える仕組みである。(記事を読む12/06

TI社,1GHz動作のDSPコアを3個搭載した基地局向けベースバンドLSIを発売

米Texas Instruments Inc.(TI社)は,GSM/WiMAX/TD-SCDMA基地局向けのベースバンド処理用DSP「TMS320TCI6487」を発売した。1GHzで動作するDSPコア「C64x+」3個を1チップに集積している。(記事を読む12/05

パナソニック モバイル、無線LAN/携帯デュアル端末でDLNAによるビデオ制御やIPテレビ電話をデモ

パナソニック モバイルコミュニケーションズは、ITU TELECOM WORLD 2006で、無線LAN/携帯デュアル端末を使い、家電製品をネットワークで連携・制御するDLNA(Digital Living Network Alliance)プロトコルでビデオを制御したりIPテレビ電話で会話したりするデモンストレーションを披露している。(記事を読む12/05

中国方式のTD-SCDMA,ZTE社がGSMとのデュアル端末を出展

今回のITU TELECOM WORLDは,香港開催ということもあり,中国関連のメーカーや技術の出展が目立っている。その一つが,中国で生まれた第3世代移動体通信(3G)方式TD-SCDMAである。(記事を読む12/05

三菱電機は量子暗号通信システムを出展,2010年には1Mビット/秒を目指す

三菱電機は,ITU TELECOM WORLD 2006に量子暗号通信システムを出展している。(記事を読む12/05


新コンセプトの「Ultra」やモバイルWiMAX対応など,Samsung社がケータイ最新機種を一挙公開

韓国Samsung Electronics Co., Ltd.は,ITU TELECOM WORLD 2006の開催に合わせて,同社の「Ultra」シリーズ3モデルを発表した。(記事を読む12/05

シンクラ,IP電話,DLNAクライアントの1台3役端末,東芝が参考出品

中国・香港で開催中のITU TELECOM WORLD 2006で,東芝がシン・クライアント,SIP(session initiation protocol)クライアント,DLNA(digital living network alliance)のメディア・レシーバー/コントローラとして動く端末「verScreen」を参考展示した。 (記事を読む12/04

OKIがモバイルWiMAX事業&で中国の華為と協業を発表

OKI(沖電気工業)は、香港で開催中のITU TELECOM WORLD 2006で、モバイルWiMAX事業について中国の華為技術有限公司と協業することに合意したと発表した。(記事を読む12/04

いよいよ香港で開幕,「RDでも中国」と強くアピール

ITU(国際電気通信連合)が主催する通信の祭典「ITU TELECOM WORLD 2006」が,いよいよ2006年12月4日から香港で始まる。(記事を読む12/04

モバイル編:LTEやモバイルWiMAXなどの高速データ通信技術が勢ぞろい

ITU TELECOM WORLD 2006には,多くの携帯電話機メーカーが顔をそろえる。最大手のNokia社の出展はないもようだが,同社を追うMotorola社やSamsung Electronics社,LG Electronics社らが大きなブースを構える。(記事を読む11/29

アクセス回線編:日本メーカーがGE-PON関連を出展

ITU TELECOM WORLD 2006の出展で目を引くのが,日本メーカーによる光ファイバ利用型アクセス回線(FTTH:fiber to the home)の出展である。一方,北米の通信事業者はATM技術をベースとした「G-PON」を主に検討しているという。(記事を読む11/28

NGN編:日本メーカーが突出するNGN関連の出展

今回注目を集めそうなキーワードの一つが,IP技術を使った統合ネットワーク「NGN(next generation network)」だ。これまで通信事業者は,音声やデータなどサービス別にインフラを用意してきたが,NGNでは全サービスをIPネットワークで品質を保証しつつ提供できる。(記事を読む11/27

導入編:今回は香港で開催,開催頻度も3年おきに短縮

電気通信の祭典「ITU TELECOM WORLD 2006」が,2007年12月4日~8日まで香港で開催される。「ITU TELECOM」として1971年に開催された第1回のイベントから数えて,今回は10回目の開催となる。(記事を読む11/27

NECエレクトロニクス,platformOViAにPacketVideo社の「DVB-H」対応ソフトを採用

NECエレクトロニクスは,米PacketVideo Corp.の地上デジタル放送視聴ソフトウエア「pvTV」を,自社の携帯電話向けLSI群に組み込む。欧州の標準化団体DVBが決めた携帯機器向けの地上デジタル放送の標準方式であるDVB-Hに準拠したもの。(記事を読む11/14