PR

本田技術研究所は、「AABC 2013」(2013年2月4~8日、米国Pasadena)において「Degradation Analysis of Lamination-Type Cell with Li-Rich Layered Cathode and Graphite Anode」と題して、Li過剰型正極材料(固溶体系正極材料)の高レート充電時の劣化モードについて講演した。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

日経クロステック登録会員になると…

新着が分かるメールマガジンが届く
キーワード登録、連載フォローが便利

さらに、有料会員に申し込むとすべての記事が読み放題に!
【春割実施中】日経電子版セットで2カ月無料


日経クロステックからのお薦め

日経クロステック 春割 日経電子版セット 2カ月無料