PR

 韓国Samsung Electronics社は、同社の28nm世代high-k/メタル・ゲート技術で製造する次期アプリケーション・プロセサ技術を「ISSCC 2013」で発表した(講演番号9.1)。高速のCPUコア群と低電力のCPUコア群を同一チップに集積し、処理の負荷に応じて両コア群を切り替えて動作させる、英ARM社の「big.LITTLE」技術を採用したことが最大の特徴だ。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

日経クロステック登録会員になると…

新着が分かるメールマガジンが届く
キーワード登録、連載フォローが便利

さらに、有料会員に申し込むとすべての記事が読み放題に!
【春割実施中】日経電子版セットで2カ月無料


日経クロステックからのお薦め

日経クロステック 春割 日経電子版セット 2カ月無料