PR

820と620の中間に位置するミドルレンジ端末「Lumia 720」

写真4●Nokia Lumia 720
写真4●Nokia Lumia 720
[画像のクリックで拡大表示]

 700番台のLumiaシリーズとして初のWindows Phone 8端末が「Lumia 720」だ(写真4)。700番台の型番が示す通り、Lumia 820と620の中間に位置する端末となる。

 Lumia 720の大きな特徴はカメラ性能という。解像度6.7Mピクセルのメインカメラは、カールツァイスによるF/1.9の明るいレンズを搭載し、低照度下でも印象的な写真を撮影できる。1.3Mピクセルのフロントカメラには広角レンズを採用し、「自分撮り」でも4人をフレームに収めることができる。

 ポリカーボネートによる一体成形のLumiaシリーズとしては初めて、microSDによる拡張に対応。ディスプレイは4.3インチ・WVGA(800×480ドット)のクリアブラック液晶で、曲面ガラスによる滑らかな手触りを実現する。Lumia 520と同じく、Super Sensitive Touchにも対応する。

写真5●価格は249ユーロで、Lumia 520と同じく第1四半期より販売を開始する
写真5●価格は249ユーロで、Lumia 520と同じく第1四半期より販売を開始する
[画像のクリックで拡大表示]

 オプションのワイヤレス充電用カバーを装着することで、Lumia 920や820と同じQiによるワイヤレス充電に対応する。バッテリはLumia 920と同じものを搭載。NFCにも対応する。本体カラーはレッド・ホワイト・シアン・ブラック・イエローの5色。

 外形寸法は127.9x67.5x9mm、重量は128g。価格は249ユーロ(約3万1000円)で、2013年第1四半期に香港・ベトナム・シンガポールへ投入する(写真5)。2013年第2四半期には中国・ヨーロッパ・アジア・アフリカ・インドへ展開する。

Lumiaシリーズをビジネス向けに積極展開

写真6●Lumiaシリーズをビジネス向けに積極展開する
写真6●Lumiaシリーズをビジネス向けに積極展開する
[画像のクリックで拡大表示]

 最後にStephen Elop氏は、Lumiaシリーズのビジネスユーザー向けのアピールを強化していくことを発表した。すでにコカ・コーラをはじめとする大企業が、Lumiaシリーズの採用を始めているという。今後もMicrosoftとのパートナーシップにより、ライバルのプラットフォームからWindows Phone 8への移行を狙っていく。

 また、ビジネス向けの端末展開において、キャリアからのサポートも得ている(写真6)。大手キャリアEverything Everywhere、Elisa、Orange、Telstra、VodafoneがLumiaシリーズをビジネス向けの看板商品として位置付け、積極展開するという。