PR

 富士通テンは、次世代のWeb標準仕様であるHTML5を利用した車載機の試作品を「Mobile World Congress 2013」の富士通ブースに展示し、デモを行った。HTML5を採用した理由は、ソフトウエア・プラットフォームを提供するベンダの制限にとらわれず自由に機能を実現できる「オープン性」にあるという。Webベースでありながらリッチな表現ができる点や、通信機能を持たない車載機とは異なり、最新のアプリケーション・ソフトウエア(以下、アプリ)を提供できる点も魅力だとした。数年後の製品化を目指して開発を進めている。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

日経クロステック登録会員になると…

新着が分かるメールマガジンが届く
キーワード登録、連載フォローが便利

さらに、有料会員に申し込むとすべての記事が読み放題に!
【春割実施中】日経電子版セットで2カ月無料


日経クロステックからのお薦め

日経クロステック 春割 日経電子版セット 2カ月無料