PR

 ドイツThyssenKrupp社は、1900MPa級の高張力鋼製Bピラーを「人とくるまのテクノロジー展2013」に展示した。ピラーの上の方を1900MPa級、下の方を700MPaとする局所焼き入れ技術を開発した。肉厚を1500MPa級の1.7mmから1.5mmにしても同じ強さを得ることができる。近い将来欧州車で実用化する模様で、住友金属工業(当時)、アイシン高岳、マツダが開発した1800MPa材をしのいで“世界最強のホットプレス材”になる。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

日経クロステック登録会員になると…

新着が分かるメールマガジンが届く
キーワード登録、連載フォローが便利

さらに、有料会員に申し込むとすべての記事が読み放題に!
【春割実施中】日経電子版セットで2カ月無料


日経クロステックからのお薦め

日経クロステック 春割 日経電子版セット 2カ月無料