PR

 トヨタ自動車は、耐圧1400Vのトレンチ型SiC MOSFETを試作し、パワー半導体に関する国際会議「ISPSD 2013」(2013年5月26~30日、石川県金沢市開催、主催は電気学会)で発表した(講演番号:2-1)。特徴は、MOSFETに加わる電界や、ゲートードレイン間の電荷量(Qgd)を抑制したことである。電界を抑えるほど耐圧の向上につながり、Qgdが小さいほどスイッチング損失の低減につながる。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

日経クロステック登録会員になると…

新着が分かるメールマガジンが届く
キーワード登録、連載フォローが便利

さらに、有料会員に申し込むとすべての記事が読み放題に!
【春割実施中】日経電子版セットで2カ月無料


日経クロステックからのお薦め

日経クロステック 春割 日経電子版セット 2カ月無料