PR

 ドイツZF社は、後輪操舵用の電動アクチュエータ「AKC(Active Kinematics Control)」を「人とくるまのテクノロジー展2013」に展示した。ロッドが左右に2本出るタイプと、ロッドが1本で、片側に突き出すタイプがある。前者は現在のステアリングギアのように中央に1個置き、左右にそれぞれタイロッドを取り付けてハブを動かす「セントラルアクチュエータ」として使う。後者は「シングルアクチュエータ」「デュアルアクチュエータ」の2種類の使い方ができる。シングルはステアリング機構のうち1カ所を動かす。デュアルは左右2個使い、それぞれの後輪ハブの後ろ側リンクをアクチュエータに置き換える。今回はこのうちデュアルを展示した。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

日経クロステック登録会員になると…

新着が分かるメールマガジンが届く
キーワード登録、連載フォローが便利

さらに、有料会員に申し込むとすべての記事が読み放題に!
【春割実施中】日経電子版セットで2カ月無料


日経クロステックからのお薦め

日経クロステック 春割 日経電子版セット 2カ月無料