PR

 ExOne(本社神奈川県小田原市、以下エクスワン)は、CADデータからダイレクトに砂型を造形できる3Dプリンタの新製品「S-Print HHS(High Heat Strength:耐熱強化仕様)」を発売した。バインダ(結合剤)としてアルカリフェノール樹脂を採用したことで、耐熱性や硬度が高い砂型を造形できるようになり、より複雑で薄肉形状の鋳物に向く。同社は、同3Dプリンタを使用した鋳造用砂型の製造/販売も併せて開始する。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

日経クロステック登録会員になると…

新着が分かるメールマガジンが届く
キーワード登録、連載フォローが便利

さらに、有料会員に申し込むとすべての記事が読み放題に!
【春割開始】日経電子版セットで2カ月無料


日経クロステックからのお薦め

日経クロステック 春割 日経電子版セット 2カ月無料