PR

Windows 8.1では“縦位置”を改善、Outlook RTも

 続けてTami Reller氏は、Windows 8.1のアップデート内容に言及した(写真2、写真3)。まず、ICONIA W3のような小型タブレットの登場にともない、ポートレイト(縦位置)での利用が増えることが予想される。現在でもWindows 8は縦位置で利用可能だが、Windows 8.1では縦位置での使い勝手をさらに改善するという。

写真2●Windows 8、Windows 8.1向けのアップデート
[画像のクリックで拡大表示]
写真3●Windows 8.1のプレビューを6月26日に公開
[画像のクリックで拡大表示]

 また、Windows RTにおいてユーザーからの要望が非常に多かったというデスクトップ版のOutlookについては、Windows 8.1へのアップデートでWindows RT向けにOutlook RTを提供することを発表。Word、Excel、PowerPoint、OneNoteと同じく、OutlookについてもWindows RTのデスクトップ上で利用できるようになる。公式ブログでも言及されている。

 なお、Windows 8.1へのアップデートは既存のWindows 8およびWindows RTユーザー向けに無料で提供される。他にもWindows 8.1ではビジネスユーザー向けにも、ネットワークやセキュリティ面を中心に多数の機能向上を予定している。

 また、Windows 8.1では対応プロセッサとして最新のIntel「Bay Trail-T」やQualcomm 8974(Snapdragon 800)、NVIDIA T40(Tegra 4)をサポートする。これに伴い、Windows RTデバイスについて、OEMパートナーを拡大することを発表した。