PR
ASRock社のChen氏
ASRock社のChen氏
[画像のクリックで拡大表示]
Intel社と向かい合ってブースを構えた
Intel社と向かい合ってブースを構えた
[画像のクリックで拡大表示]

 パソコン用マザーボード大手の台湾ASRock社は、「COMPUTEX TAIPEI 2013」(2013年6月4~8日、台湾・台北市)に出展し、米Intel社の第4世代Coreプロセサ・ファミリ(開発コード名:Haswell)をベースとする製品など、最新モデルを披露した。同社は2011年以降、産業用マザーボード事業に力を入れており、今回もPOS端末や娯楽機器(スロット・マシーンなど)、オートメーション機器などに向けるHaswellベース製品を出展した(関連記事)。前世代の「Ivy Bridge」ベースの製品に比べてグラフィックス性能が優れていることや、三つのディスプレイを同時に駆動できるようになったことなどを訴求している。

 ASRock社の売上高に占める産業用マザーボードの比率は直近では3%程度。だが「非常に速いペースで売り上げは伸びている」(同社 Industrial PC Division, Associate Vice PresidentのMichael Chen氏)という。この分野における同社の強みは、販売価格の安さと開発期間の短さにあるといい、「開発期間は平均1.5カ月で、競合他社の1/2」(同氏)だとしている。

 同社は産業用マザーボードに関して、Intel社のCoreプロセサの他に、Atomプロセサや米Advanced Micro Devices(AMD)社のEmbedded GシリーズSoCを搭載した製品を販売している。このうち、Atomプロセサ搭載品はCoreプロセサ搭載品に比べて価格が約1/2以下と安価で、主にローエンドのPOS端末に使われているという。現在、2013年後半に出荷が始まる22nm版Atom(開発コード名:Bay Trail)を搭載する製品を開発中であるとした。