PR
中国フェイテック(faytech)のブースにあった「Panel Box PC」。透過型の液晶ディスプレイを使った、商品展示用のボックスだ。この試作品にはなかったがタッチにも対応できるとのこと。Windows 7が動いていた
[画像のクリックで拡大表示]
「GoPro」のヒットに続けとばかりに、防水性や耐衝撃性を強化した「アクティブカメラ」に数々の新商品が登場している。COMPUTEXでは発売済みの製品も含めるといくつも見かけた。これもその一つ、台湾DXGテクノロジーの製品だ。無線LANのない「DS5K8」は1080pで30コマ/秒、720pで60コマ/秒を撮影できる。防水ケース、リモコンなどがついて149ドル。無線LAN機能付きは199ドル
[画像のクリックで拡大表示]
左側の腕時計側デバイスは2013年末に出すリモコン。小型の有機ELディスプレイを備えており、無線経由でライブビュー機能が使える。価格は「OEM先の販売計画次第なので分かりません」(説明員)とのこと。COMPUTEXは商談の場でもあるので、価格や出荷時期が商売の条件次第というのはよくあること
[画像のクリックで拡大表示]
台湾クライズテクノロジー(Crays Technology)で展示していた「Champion One」。本体中央部分にアルミ製の外装を使うことで、特別な防水ケース(ハウジング)なしで水深5mまで使えるようにした。無線LAN機能も備える。7~8月に発売予定で北米市場の価格は180ドル
[画像のクリックで拡大表示]
1080pは30コマ/秒、720pだと60コマ/秒、800×480ドットでは120コマ/秒で撮影可能。イメージセンサーは1100万画素。バッテリーは取り外し可能で、1個で1.5時間撮影できるという。microSDHCカード(最大32GBまで)に記録する。写真右側が外装のアルミ製パーツ
[画像のクリックで拡大表示]
2014年に発売予定の「Champion Two」。1080pで60コマ/秒、720pで120コマ/秒を撮影できるようにする
[画像のクリックで拡大表示]
Champion Oneよりも小型だ。ディスプレイも搭載している
[画像のクリックで拡大表示]
この記事はPC Onlineニュース「COMPUTEX TAIPEI 2013」から転載したものです。