PR

 「2013 Symposium on VLSI Circuits」(2013年6月12~14日、京都市)では、Session 19「Clocking and Memory Interface」とSession 22「Wireline transceiver」の2つのセッションで、有線通信技術が発表された。高速シリアル通信インタフェース関連が3件、クロック関連が4件、近年増加しつつあるメモリ・インタフェースに関する報告も3件採択された。以下では、Session22で発表された10Gビット/秒帯のシリアル有線通信インタフェースの技術発表を紹介する。

この記事は有料会員限定です

日経クロステック有料会員になると…

専門雑誌7誌の記事が読み放題
注目テーマのデジタルムックが読める
雑誌PDFを月100pダウンロード

「初割」実施中!日経電子版とセットで2カ月無料


日経クロステックからのお薦め

初割 電子版セット 2カ月無料