PR
[画像のクリックで拡大表示]
[画像のクリックで拡大表示]
[画像のクリックで拡大表示]

 ホンダは、「フランクフルトモーターショー(プレスデー:2013年9月10日~11日、一般公開日:9月14日~22日)」で、2014年初めに発売予定の「Civic Tourer(シビック ツアラー)」の量産モデルを出展する。

 Civic Tourerは、「Civic」(5ドア)をベースとしたスポーティーなデザインと、室内空間の広さが特徴。荷室容量はCおよびDセグメントでトップクラスの624Lとなる。さらに、減衰力を3段階で切り替えられる電子制御式サスペンション「アダプティブダンパーシステム」を、欧州のホンダ車で初めて採用するという。

 また、新世代パワートレーン技術「EARTH DREAMS TECHNOLOGY(アース・ドリームス・テクノロジー)」の一つであるディーゼルエンジン「i-DTEC」1.6L仕様を搭載したCivic(5ドア)の部分改良モデルも併せて公開する。