PR

 鉄道総合技術研究所は、2013年5月からJR東日本京浜東北線の電車に取り付けて実稼働試験を開始した軌道検測ユニット(車体装架型軌道検測装置)を「鉄道総研技術フォーラム2013」(2013年8月29~30日)で展示した。同装置は車両走行中にレールにレーザを当てて、摩耗や変形を測定するもの。精度の高い測定のため、レーザをレールの頭頂面の中心と、レールの側面の頭頂面から一定距離の所に照射することが必要になる。装置とレールの相対位置が変化しても、レーザをレール上の所定位置に照射できる機構「2軸レール変位検出装置」を組み込んでいる。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

日経クロステック登録会員になると…

新着が分かるメールマガジンが届く
キーワード登録、連載フォローが便利

さらに、有料会員に申し込むとすべての記事が読み放題に!
【秋割開始】日経クロステック11月末まで無料


日経クロステックからのお薦め

【秋割開始】日経クロステック11月末まで無料
『アカン!DX』

『アカン!DX』

日本企業と行政のDXの隠れた大問題を見える化!

DXブームは既に腐り始めている――。人気コラム「極言暴論」「極言正論」の筆者が、日本企業や行政のDXの問題点をずばり指摘する。経営者から技術者までDXに取り組むすべての人の必読書!

書籍『アカン!DX』の詳細はこちら

IT/電機/自動車/建設/不動産の編集記者を募集します

IT/電機/自動車/建設/不動産の編集記者を募集します

“特等席”から未来づくりの最前線を追う仕事です

あなたの専門知識や経験を生かして、「日経クロステック」の記事や書籍の企画、取材・執筆・編集を担う編集記者(正社員)にトライしませんか。編集の経験は問いません。コミュニケーション能力が高く、企画力や実行力があり、好奇心旺盛な方を求めています。

詳しい情報を見る

日経BPはエンジニアや企画・営業も募集中