PR
Xperia Z1の外観
Xperia Z1の外観
[画像のクリックで拡大表示]
「タイムシフト連写」の画面。扇形のUIでコマ送りで写真をめくることができる。
「タイムシフト連写」の画面。扇形のUIでコマ送りで写真をめくることができる。
[画像のクリックで拡大表示]

 ソニーモバイルコミュニケーションズは2013年9月4日、エレクトロニクスの見本市「IFA2013」(ドイツ・ベルリン、同年9月6日~11日)に合わせて、2013年秋以降に市場に投入する予定のスマートフォン、「Xperia Z1」を発表した。日本市場でも投入する計画という。

 Xperia Z1は、2013年2月に市場投入したXperia Zと比較して、主にカメラ機能、アプリケーション・プロセサ、2次電池容量を強化している。

 まず、カメラ機能では、裏面照射型CMOSセンサを大判化し。コンパクト・デジタル・カメラと同等サイズの1/2.3型(約2070万画素)にした。Xperia Zでは1/3.06型(約1310万画素)だった。F値が2.0と明るい、27mmの単焦点レンズを搭載した。ソニーのデジタル・イメージング部門の技術を採用して、光学ズーム並みの高画質なデジタル3倍ズームや、暗い環境での手ブレ補正、動画での電子式手ブレ補正などを実現した。

この他、カメラ機能では、(1)シャッターを押した瞬間と、その前後1秒間に30枚ずつ、合計61枚の写真を高速連写する「タイムシフト連写」、(2)撮影中の動画をFacebook上でリアルタイムに共有する「Social live」、などの機能を搭載した。

 アプリケーション・プロセサには米Qualcomm社の最大2.2GHz動作のクアッドコア品「MSM8974」を搭載した(Xperia Zは最大1.5GHz動作の「APQ8064」)。2次電池には電池容量が3000mAhのものを採用した(Xperia Zは2330mAh)。2次電池容量を増やしたことなどから、本体サイズと重さは縦144.4mm×横73.9mm×厚さ8.5mm、170gと、Xperia Z(139mm×71mm×7.9mm、146g)よりも大きくなっている。