PR
360度のフルパノラマ撮影に対応したデジタル・カメラ「RICOH THETA」
360度のフルパノラマ撮影に対応したデジタル・カメラ「RICOH THETA」
[画像のクリックで拡大表示]
スティック型の本体に超小型ツイン魚眼レンズを背中合わせに配置
スティック型の本体に超小型ツイン魚眼レンズを背中合わせに配置
[画像のクリックで拡大表示]
魚眼レンズを通った光は向かい合って取り付けられたプリズム・ミラーに反射して、CMOSイメージ・センサに送り込まれる
魚眼レンズを通った光は向かい合って取り付けられたプリズム・ミラーに反射して、CMOSイメージ・センサに送り込まれる
[画像のクリックで拡大表示]

 リコーは現地時間の2013年9月5日、IFA2013会場でプレスカンファレンスを開催し、360度のフルパノラマ撮影に対応したデジタル・カメラ「RICOH THETA(シータ)」を発表した。

 9月末からフランス、ドイツ、英国と北米の直販ショップ「theta360.com」で予約販売を開始する。発売は10月から開始され、価格は北米で399ドル、欧州では399ユーロ/329ポンドを想定している。「発売時期は未定だが、日本での販売も計画している」(リコー)という。

 シータの質量は95g。スティック型の本体に超小型ツイン魚眼レンズを搭載し、撮影ボタンを押すと撮影者を含めた全天球360度を撮影する。撮影後は3500×1700画素のJPEGファイルが4Gバイトの内蔵メモリに記録され、約1200枚前後の写真撮影が可能。パソコンにUSB経由で取り込む。動画撮影やライブ・ストリーミング配信には対応していない。またmicroSDなど外部記録メディアにも非対応。

 ツインレンズと2基の内蔵センサで撮影されたイメージ・データは、2000×1000画素の画像として球体状にテクスチャマッピングしたのち、ソフトウェア上で表示する。

 Wi-Fi経由でのスマートフォン連携も可能だ。撮影した写真は400kバイトにリサイズされ、スマートフォンに約10秒前後で転送される。無料の専用アプリケーション「RICOH THETA for iPhone」で、ピンチ・ズームやスワイプ、回転、サイズ変更などの編集を行いながら写真を表示できる。スマートフォンからのリモコン撮影機能も備える。Androidアプリは年内の提供予定。

 なお、アプリを使わなくても「theta360.com」にアップロードして、Webブラウザ上で写真を表示することも可能。また撮影後の写真データをアプリからダイレクトにFacebookやTwitter、Tumblrに送信してシェアすることもできる。