PR
IHクッキング・ヒーター「Cooktop」
IHクッキング・ヒーター「Cooktop」
[画像のクリックで拡大表示]
TFT液晶ディスプレイの操作パネルを搭載
TFT液晶ディスプレイの操作パネルを搭載
[画像のクリックで拡大表示]
冷蔵庫の内側に二つのカメラを内蔵。献立に必要な材料をアプリ経由で把握しながら効率よく監視できる
冷蔵庫の内側に二つのカメラを内蔵。献立に必要な材料をアプリ経由で把握しながら効率よく監視できる
[画像のクリックで拡大表示]
撮影した写真データはiPadなどモバイル機器へ毎回自動で送信する
撮影した写真データはiPadなどモバイル機器へ毎回自動で送信する
[画像のクリックで拡大表示]

 IFA2013に出展するドイツSiemens社は、バラエティ豊かなホーム・アプライアンス製品を展示している。中でも注目を集めていたのが、クッキング・ヒーターの「Cooktop」シリーズだ。

 Cooktopシリーズは、ビルトイン型のインダクション・コイル方式によるIHクッキング・ヒーター。最大の特徴は、パネルの全面がヒート・プレートになっており、鍋やフライパンなど最大4個までの調理器具が、プレートのどこにでも置けて加熱できることだ。プレートの上に鍋などを置くと、調理器具として自動認識して加熱する仕組みである。

 調理器具を置いた位置を自動で認識し、サイズや形も自動判別することで加熱効率も高めている。本体に搭載されているTFT液晶ディスプレイで操作が可能。子供の誤操作を防止するためのチャイルド・ロック設定も用意されている。

 無線LAN機能搭載で「コネクティビティ」を高めた、ホーム・アプライアンス製品のコンセプト展示も行われていた。

 例えば「映像庫」は、扉の内側に小型カメラを搭載し、ドアを開け閉めするたびに冷蔵庫の中身を撮影。撮影した写真データは無線LAN経由で専用アプリケーションをインストールしたiPadなどのモバイル機器に送信されるので、“今日の献立”に対して不足している食材、買い足さなければならない食材がひと目で分かるというものだ。他にも、アプリはお薦めのレシピを表示する機能なども備えている。

 Siemens社は現在、モバイル機器との連携による新機能やライフ・スタイル提案を統合した、いわゆる「スマート家電」の開発の裾野を、冷蔵庫以外にもさまざまな機器へと広げている。今回は試作段階での展示となったが、商品化の次期については「来年のIFAでは商品として、その魅力を実機としての形でお見せしたい」(Siemens社)という。