PR
写真左からJVC Deutschland社の江野澤仁嗣氏、JVCケンウッドの高橋忍氏、松尾浩司氏
写真左からJVC Deutschland社の江野澤仁嗣氏、JVCケンウッドの高橋忍氏、松尾浩司氏
[画像のクリックで拡大表示]
アクション・カメラ「ADDIXION GC-XA2」
アクション・カメラ「ADDIXION GC-XA2」
[画像のクリックで拡大表示]
KENWOOD「Kシリーズ」のコンポーネント
KENWOOD「Kシリーズ」のコンポーネント
[画像のクリックで拡大表示]
オーディオ・ヘッドホン「esnsy」シリーズ
オーディオ・ヘッドホン「esnsy」シリーズ
[画像のクリックで拡大表示]
無線スピーカ「SP-AP1」
無線スピーカ「SP-AP1」
[画像のクリックで拡大表示]
ポータブル・オーディオコンポ「BoomBlaster RV-NB75」
ポータブル・オーディオコンポ「BoomBlaster RV-NB75」
[画像のクリックで拡大表示]
Wi-Fiネットワーク・ナビ「DNN9230DAB」
Wi-Fiネットワーク・ナビ「DNN9230DAB」
[画像のクリックで拡大表示]

 IFA2013に出展するJVCケンウッドのブースにて、同社の欧州におけるビジネス展開をJVCケンウッドの高橋忍氏、松尾浩司氏、ならびに同社の現地法人であるJVC Deutschland社の江野澤仁嗣氏に聞いた。

 欧州全体でカーAVのアフター・マーケット事業の重要度は高く、例えばドイツではCDレシーバのカテゴリでは、同社が展開するJVCとKENWOODの2つのブランドで約半分のシェアを獲得していると話すのは、同社の欧州ヘッドクオーターでジェネラル・マネージャーを務める高橋氏。

 ビデオカメラをはじめとした映像系の商品についても、欧州は北米に次ぐ大きな市場だという。同社はそこに今年の8月から小型アクション・カメラ「ADDIXION(アディクション) GC-XA2」を投入した。「欧州でもスマートフォンの普及拡大にともない、コンシューマが動画を撮る機会が増えている」と、JVCケンウッドのイメージング事業部でビデオカメラ製品を担当する松尾氏は説明する。

 アウトドアでのライフ・シーンを高精細な動画で記録したいという、ユーザーの需要を捉まえたところから、アクション・カメラ製品の人気は全世界的に高まっていった。特に激しく動くスポーツ・シーンや、水中撮影の場面、スマートフォンやコンパクト・デジタルカメラでは対応しきれない環境でも、本体のタフネスを活かして撮影が楽しめるアクション・カメラのメリットが得られる。「欧州と日本とでは、アディクション・シリーズを使うユーザーの撮影スタイルが少し異なっている。日本では自転車での撮影に使われることが対応アクセサリの販売傾向からもうかがえるが、欧州ではスキーを楽しむ際に使うケースが多いようだ」という松尾氏。いずれのシーンも頑丈なボディの設計や防水性能が生きてくる好例だ。

 アディクションだけでなく、JVCのビデオカメラ「Everio(エブリオ)」シリーズでも無線LAN機能内蔵によるスマートフォン連携機能の重要度が高まっているという。「GC-XA2」では無線LANでつないだスマートフォンから、撮影時のリモコン操作やストリーミング映像のモニタリングが行える。松尾氏は「コネクティビティを高めながら機器連携できることをさらに強くアピールしていきたい」と語る。

 欧州でのオーディオ製品のトレンドについては「ハイレゾ化」「ワイヤレス」「デザイン性」の3つが大きな要素であると、JVC Deutschland社の江野氏は語る。

 日本国内でも発売されているケンウッドの「Kシリーズ」をはじめ、同社のオーディオ・コンポは欧州でもその高音質が評価を獲得しているという。「AirPlay対応などワイヤレス・リスニングの価値観を訴求しながら、今後も積極的に展開していく」という江野氏。プロダクト・デザインへのコンシューマの目線については、日本と欧州とでこだわりの部分が少しずつ異なっているという。欧州向けの商品を企画する際、技術的な設計・開発やデザインは日本で行いながらも、事細かなアプローチは欧州からのフィードバックを随所に採り入れながら展開することも多い。実際にそのようなアプローチから誕生した商品として、直近ではヘッドホン・イヤホンの「esnsy(エッセンシー)」シリーズなどがある。

 今後の欧州でのビジネス展開を高橋氏に訊ねた。「欧州全体の経済環境は厳しいと言われているが、特に景気動向の悪かった諸地域で下げ止まりの傾向が見られることから、これからは上向きに調子が推移していくことを期待している。現在のカー・エレクトロニクスのシェアを堅持しながら、カムコーダやヘッドホンなどの人気分野を中心に、コンシューマにとって魅力のある商品を提案しながら、ビジネス全体を成長させていきたい」と高橋氏は意気込みを述べた。

 今年のIFAの展示会には、本体に無線LAN機能を内蔵して、DLNAやAirPlay、Bluetooth再生に対応す無線スピーカ「SP-AP1」や本体にLightning端子を搭載して、iPhone5などをダイレクトにドッキングできるポータブル・オーディオコンポ「BoomBlaster」シリーズの新商品「RV-NB75」なども紹介している。

 また、新しいコンセプトや技術を持った商品に対して送られる「EISA(The European Imaging and Sound Association)Awards 2013-2014」を受賞したWi-Fiネットワーク・ナビ「DNN9230DAB」や、ハイビジョン・メモリームービー「GC-PX100」、イヤホン「HA-FXZ200」、D-ILAプロジェクター「DLA-X55R」もスポットを当てながら、同社の商品力をアピールする展示内容となっていた。