PR
図1 IDF 2013の基調講演でQuarkを発表
図1 IDF 2013の基調講演でQuarkを発表
[画像のクリックで拡大表示]
図2 Quark X1000を実装した参照デザイン
図2 Quark X1000を実装した参照デザイン
[画像のクリックで拡大表示]

 米Intel社は「Intel Developer Forum 2013」(2013年9月10~12日、米国・サンフランシスコ)において、新しいSoC製品のブランド「Quark」を発表した。ウエアラブル機器などの「IoT(internet of things)」と呼ばれる応用分野に向けたもの。「Intel史上最小のSoCだ。『Atom』プロセサと比べて、面積が1/5、消費電力が1/10になる」(同社 CEOのBrian Krzanich氏)とする。

 Intel社の新CEOであるKrzanich氏が、IDF2013の基調講演で明らかにした。同氏は、人や機械に向けたIoTでは、消費電力が非常に少ないことや筐体が小さいこと、そして高いセキュリティー性能を持つことが求められると説明。Atomが対象としているスマートフォンやタブレット端末、マイクロサーバーなどに比べて演算性能に対する要求が低く、その代わりに低消費電力化や小型化が求められると考えた。

 Quarkが搭載するCPUコアは、86系命令セット・アーキテクチャに対応しており、既存のIntel社のプロセサに向けたソフトウエアが動作する。演算性能やマイクロアーキテクチャなどの詳細は未公表だが、「Atom用のコアから派生したもの」(同社 Vice President, General Manager, Intel Architecture Development GroupのRani Borkar氏)という。

 Intel社はQuarkについて、「オープンなアーキテクチャで、完全にシンセサイザブル(論理合成が可能)である」(Krzanich氏)と説明する。このため、Quarkを採用する企業が独自の回路ブロックを付加することも可能だという。Intel社がQuark製品群としてどの程度の品種数を用意するのか、対応する半導体製造技術の世代はどれか、独自回路の追加のためにどのような設計ツールを用意するのか、などについては言及しなかった。

 Intel社はQuark製品群の第1弾として「Quark X1000」を投入する。併せて、X1000をプリント配線基板に実装した形態の参照デザインの提供を開始する。これに加えて、腕時計型やブレスレット型の試作機も開発中という。