PR

 日本電波工業は、20mm×20mmの大きさで周波数温度特性が±3×10-9(周囲温度が-40~+85℃の最大値)の恒温槽付水晶発振器(OCXO)を開発した(ニュース・リリース1:PDF)。同社によれば、20mm×20mmのOCXOでは3ppbは世界最高性能だという。

「MH25M22TA」(左)と「NH20M20LB」(右)
日本電波のデータ。
[画像のクリックで拡大表示]

 この製品は、携帯電話基地局や光伝送装置などの通信装置の小型化と、基板の表面実装化に伴う搭載部品の小型化、ならびにSMD化のニーズに対応して開発したものだという。開発にあたっては、同社独自の「Twin-OCXO」技術における水晶振動子技術とデジタル信号処理による温度制御技術を適用し、さらに耐環境性能を高めるための気密パッケージに封止することで、基準周波数の高安定化と小型化を同時に実現したとする。

 対応周波数帯は5M~40MHzである。標準周波数は10MHz、12.8MHz、13MHz、16.384MHz、19.2MHz、20MHz、25MHz、26MHz、30.72MHz、38.4MHz、38.88MHz、40MHzから選べる。ピン・タイプとSMDタイプの2種類がある。ピン・タイプの「NH20M20LB」は9端子で、大きさは20mm×20mm×10.5mm。SMDタイプの「MH25M22TA」は7端子で、大きさは25.4mm×22mm×12.1mmである。

 サンプル出荷は2013年10月から、量産は2014年1月からそれぞれ始める予定。

10ppbで14mm×9mmの小型基地局向けの製品も

「NH14M09TA」
日本電波のデータ。
[画像のクリックで拡大表示]

 上記の製品とは別に、同社は大きさが14.3mm×9.4mm×6.5mmでSMDタイプのOCXO「NH14M09TA」も開発した(ニュース・リリース2)。小型基地局(マイクロセル、ピコセルなど)で必要となるRF部の小型化と、マクロセル基地局に匹敵する高安定な基準周波数源のニーズに応えて開発したという。同社従来品で±20×10-9(周囲温度が-40~+85℃の最大値)だった周波数温度特性値を、新製品では±10×10-9(同)に改善した。

 こちらの新製品のサンプル出荷も2013年9月から、量産は同年10月から始める。

 なお、日本電波は「NH20M20LB」/「MH25M22TA」、および「NH14M09TA」を、2013年10月1日~5日に幕張メッセで開催の「CEATEC JAPAN 2013」に出品する。