PR
デモンストレーションの様子
デモンストレーションの様子
[画像のクリックで拡大表示]
システムの概要(資料:デンソー)
システムの概要(資料:デンソー)
[画像のクリックで拡大表示]

 デンソーは、「第20回 ITS世界会議 東京2013」(東京ビッグサイト、2013年10月14~18日)の「ショーケース」において、自動駐車と自動充電が可能な「スマートチャージング」を披露した。管制センターの指示によって、駐車場においてある車両を自動走行させ、車両を指定時刻に指定場所へ自動で移動させるデモンストレーションである。

 今回は、マンションなどの集合住宅などで電気自動車(EV)やプラグイン・ハイブリッド車(PHEV)などの充電器が共有になっている場合に、ユーザーの要求(必要充電量、出発時刻)に応じて、管制センターが充電制御システムや駐車管理システムと連携して移動計画を作成し、車両に指示をして自動走行させることを想定している。

 駐車場に車両を入れると、管制センターが作成した計画に基づいて自動的に車両が非接触充電器に移動し、充電後には駐車場に戻ったり、出発時刻には指定の場所まで自動走行し、待機したりすることができる。

 自動走行には、前後左右を見る4個のカメラと、前方の物体を検知するレーザ・レーダ、位置精度を向上させる準天頂衛星による測位、内蔵の地図データを用いた。非接触充電器は電磁誘導式を用いている。