PR

米Mentor Graphics社の発表によると、トプスシステムズが開発したメニーコアのプロセス・システムの機能検証をCMエンジニアリングが行った。CMエンジニアリングは、Mentorの論理エミュレータ「Veloce」などを利用して、論理シミュレータだけを使う場合に比べて処理速度を2500倍にできたという。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

日経クロステック登録会員になると…

新着が分かるメールマガジンが届く
キーワード登録、連載フォローが便利

1/31まで日経電子版セット2カ月無料


日経クロステックからのお薦め

初割 電子版セット 2カ月無料