PR

 韓国Samsung Electronics社は、1月10日まで開催中の民生機器関連の展示会「2014 International CES」で、4K×2K(3840×2160)画素の映像を放送する枠組みをアピールしている。同社のブースでは4K映像を地上放送で4Kテレビに送信する実験を見せているほか、ケーブルテレビ(CATV)や衛星放送事業者と連携した取り組みを紹介。次世代の4K放送の現実味が高いことを参加者に示した。

Samsung社は、展示会場で地上波による4K放送実験のデモを見せた
[画像のクリックで拡大表示]

 地上放送関連では、米国で多くの地方局を運営するSinclair Broadcast Group(SBG)社や、放送関連技術の米Acrodyne Service社と共同で会場に放送波の受信環境を構築し、実際の放送波で受信した4K映像を表示してみせた。

 展示会場近郊の山から4K映像を放送波で送信し、会場の屋上に設置したアンテナとテレビに内蔵したチューナーで受信した。放送波の変調方式はOFDMで、次世代の動画圧縮方式「H.265/HEVC」を用いて6Mビット/秒で符号化した映像を送信している。

 HEVCは現在主流の動画圧縮規格「H.264/MPEG-4 AVC」の次を担う技術。2013年に規格が固まった。H.264の2倍の圧縮率を実現できることから4K映像の圧縮技術として注目を集めており、今回のCESではHEVCのデコーダー回路を大画面テレビに標準搭載する動きが広がっている。

 Samsung社はデモの展示で米国の現行デジタル放送方式「ATSC」と同じレシーバーを用いているとし、次世代の4K放送に移行する準備はできていると強調していた。

CATV最大手は年内に4Kサービスを開始へ

 CATVでは米Comcast社、衛星放送では米DIREC TV社と、いずれも米国の業界最大手と連携した取り組みについて出展している。

Comcast社は、年内に4K映像サービスを始める
[画像のクリックで拡大表示]

 Comcast社は2014年にCATV網を用いた4K映像の配信を始める計画だ。動画圧縮方式にはHEVCを用い、20Mビット/秒の符号化速度で送信することを検討しているという。サービス開始時には、セットトップ・ボックス(STB)を使わずにテレビで直接受信する仕組みを整える。Samsung社のテレビでは、アプリケーション・ソフトウエアを追加することでCATV網を介した4K映像の受信を可能にする計画だ。

 DIREC TV社は、4K映像を用いた衛星波によるVODサービスのコンセプトを紹介した。衛星波で受信した4KコンテンツをHDDレコーダーに記録し、それを家庭内ネットワークで複数のテレビに配信する枠組みである。ただし、実際のサービス開始時期は未定だという。