PR

 「2014 International CES」でテレビメーカー、ディスプレーメーカー各社の試作機を数多く見て、今後のディスプレーの向かうべき方向が分かった。それが「フレキシブル」であり「フレームレス」だ。今回のCESでは、フレキシブルという用語を、湾曲/フラットの間で角度を自由に調節できるテレビとして韓国LG Electronics社が使っていた(韓国Samsung Electronics社はベンダブルという)。しかし筆者は、フレキシブルを「形が自在に変わる」という、もっと広い意味として捉えたい。究極的にはディスプレーは「自在に、柔軟に、コンテンツに合わせ、もしくはそれと関係なく姿や形を変える」ことを目指している。このことが、今回の展示を透視すると見えてくる。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

日経クロステック登録会員になると…

新着が分かるメールマガジンが届く
キーワード登録、連載フォローが便利

さらに、有料会員に申し込むとすべての記事が読み放題に!
【SE応援割開始】月額プランは8月末まで無料
>>詳しくは


日経クロステックからのお薦め

【SE応援割開始】月額プランが8月末まで無料!
日経BPで働きませんか

日経BPで働きませんか

「デジタル&ソリューション」をキーワードに、多様な事業を展開しています。

日経BPは、デジタル部門や編集職、営業職・販売職でキャリア採用を実施しています。デジタル部門では、データ活用、Webシステムの開発・運用、決済システムのエンジニアを募集中。詳細は下のリンクからご覧下さい。

Webシステムの開発・運用(医療事業分野)

システム開発エンジニア(自社データを活用した事業・DX推進)

システム開発エンジニア(契約管理・課金決済システム/ECサイト)