PR
展示の様子
展示の様子
[画像のクリックで拡大表示]
水蒸気の噴出し口
水蒸気の噴出し口
[画像のクリックで拡大表示]
水のタンクは表示部下の台座にある
水のタンクは表示部下の台座にある
[画像のクリックで拡大表示]

 霧状の水蒸気に映像を表示するユニークなディスプレーが「2014 International CES」の会場に登場した。展示したのは、ロシアのベンチャー企業のDisplair社。上方に向けて水蒸気を噴霧し、その上にプロジェクターで映像を投影することでディスプレーとして利用する。会場では30型ほどに相当する大きさで映像を表示していた。

 タッチ操作も可能である。主に二つの部材で実現している。水蒸気の噴霧部に搭載した赤外センサーによって、指が水蒸気部分に触れたかどうかを検知する。指が触れたと判断すると、指の位置(XY)を赤外カメラによって検出する仕組みである。Displair社は、まず業務用で2014年に製品化する予定。価格は1万9000米ドルである。「5年後には民生用に小さく、安くしたい」(説明員)と意気込む。