PR

 カナダBlackBerryは現地時間2014年2月24日、スペインのバルセロナで開催中の「Mobile World Congress 2014」で、メッセージングサービス「BlackBerry Messenger(BBM)」の提供拡大を発表した。数カ月以内に、米Microsoftの「Windows Phone」とフィンランドNokiaの「Nokia X」に対応させる。

 Nokia Xは、Nokiaが同日発表したAndroid Open Source Project(AOSP)ベースのプラットフォーム。AOSPで公開されているソースコードなどに、独自のユーザーインタフェース(UI)を実装した。2014年第2四半期にも同プラットフォームを搭載したスマートフォンを新興国に投入する予定(関連記事:[MWC2014]ノキアが“Android”ベースの「Nokia X」プラットフォーム発表)。

 Nokia X対応のBBMアプリケーションは、Nokia Xリリース時に「Nokia Store」から入手可能にする。Windows Phone対応のBBMアプリケーションは今夏に「Windows Phone Store」を通じて提供を開始する。

 BBMは同社のBlackBerry端末のほか、昨年10月からAndroidとiOS端末でも利用可能になっている(関連記事:BlackBerry、延期していたAndroidおよびiOS向けBBMアプリを公開)。

[発表資料へ]

この記事はITpro【ニュース】から転載したものです。
■変更履歴
記事掲載当初、AOSP(Android Open Source Project)の表記に誤りがございました。お詫びして訂正します。本文は修正済みです。 [2014/02/26]