PR

 台湾E Ink Holding社は32型電子ペーパーをサイネージメーカーの米Global Display Solutions(GDS)社と共同開発し、「SID 2014」に出展した。同社の技術を用いた電子ペーパーとしては最大級。デジタルサイネージ、例えばレストランの店頭でのメニューの案内や公共交通システムの案内などに利用することを想定しているという。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

日経クロステック登録会員になると…

新着が分かるメールマガジンが届く
キーワード登録、連載フォローが便利

さらに、有料会員に申し込むとすべての記事が読み放題に!
有料会員と登録会員の違い