PR

 超低電圧デバイス技術研究組合(LEAP)は、0.4V程度の低電圧で動作する論理回路/メモリー/ストレージに向けた要素技術3件を開発した。半導体デバイス/集積回路技術に関する国際会議「2014 Symposia on VLSI Technology and Circuits」(2014年6月9~13日、米国ホノルル)で詳細を発表する。この他、招待講演1件を予定している。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

日経クロステック登録会員になると…

新着が分かるメールマガジンが届く
キーワード登録、連載フォローが便利

さらに、有料会員に申し込むとすべての記事が読み放題に!
有料会員と登録会員の違い