PR

 デジタルプロセス(本社神奈川県厚木市)は3Dビューワ「DIPRO VridgeR」の新版(バージョン4.1)を第25回設計・製造ソリューション展(2014年6月25~27日、東京ビッグサイト)に出展した。3Dデータ形式「JT」(ISO 14306)や、IGES(Initial Graphics Exchange Specification)の出力を可能にした。3D-CADと同等の、精度の高い(座標値の有効桁数が多い)データを出力できるのが特徴。さらに、射出成形を前提とした3Dデータのチェック機能などを強化した。2014年7月から出荷する予定。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

日経クロステック登録会員になると…

新着が分かるメールマガジンが届く
キーワード登録、連載フォローが便利

さらに、有料会員に申し込むとすべての記事が読み放題に!
【SE応援割開始】月額プランは8月末まで無料
>>詳しくは


日経クロステックからのお薦め

【SE応援割開始】月額プランが8月末まで無料!
日経BPで働きませんか

日経BPで働きませんか

「デジタル&ソリューション」をキーワードに、多様な事業を展開しています。

日経BPは、デジタル部門や編集職、営業職・販売職でキャリア採用を実施しています。デジタル部門では、データ活用、Webシステムの開発・運用、決済システムのエンジニアを募集中。詳細は下のリンクからご覧下さい。

Webシステムの開発・運用(医療事業分野)

システム開発エンジニア(自社データを活用した事業・DX推進)

システム開発エンジニア(契約管理・課金決済システム/ECサイト)